スズキ・ハスラーのグレードの違いを解説する

スズキ・ハスラーにはA・G・Xと3つのグレードがある。この3つのグレードでは、安全装備等標準装備されている物が大きく違うため、購入する時は覚えておいたほうがいいだろう。全車5速マニュアルトランスミッションとCVTの2つのトランスミッションがあり、価格差は同じとなっている。

Aの解説

ハスラーの中で一番安いAは2WD車の場合、税抜価格で100万円を切るモデルとなっている。安価にハスラーに乗れるグレードだ。廉価版のAには、上級グレードや中級グレードには無い装備が多くある。

モーターアシスト機構のS-エネチャージや、アイドリングストップ、アイドリングストップ中にエアコンが送風に切り替わった場合でも冷たい風が出るエコクール、衝突軽減装置が装備されていない。また、4輪駆動車の場合ヒルディセントコントロールや、グリップコントロールと言った装備が無い。カラーリングも2トーンカラーの設定は無く、あくまでも廉価版といったモデルだ。

G・Gターボの解説

中級グレードのGは、S-エネチャージや、アイドリングストップ、エコクール、衝突軽減装置が装備される。4輪駆動車の場合ヒルディセントコントロールや、グリップコントロールと言った装備もあり、ハスラーを買うのなら主要グレードの1つと言ってもいいだろう。

カラーリングは2トーンカラーの設定があり、廉価版のAには無かった明るい色使いを採用したカラーリングも存在する。ホイールはAと同じスチールホイールだが、カラーリングによってはホワイトになる場合もある。エンジンはターボエンジン搭載グレードもある。衝突軽減装置はレーダーブレーキサポートと、X・Xターボよりも、速度域が低いタイプとなっている。ハスラーらしさを得たいのなら、G・Gターボが欲しいところだろう。

X・Xターボの解説

基本グレードでもあるG・Gターボよりも、さらに上級グレードなのがX・Xターボだ。外装で特徴なのは、ホイールはアルミホイールとなり、ハイ/ロービーム・オートレべリング機構付ディスチャージヘッドランプが装備されることだろう。

安全装備では、衝突軽減装置でデュアルカメラブレーキサポートとなり、対応速度がレーダーブレーキサポートよりもアップ。またオプションとして、メモリーナビゲーションと全方位モニターが装着可能となる。安全性能を重視したハスラーが欲しいのなら、上級グレードのX・Xターボを選ぶのがベストだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする