スズキハスラーで車中泊を行う方法をまとめてみる(ベッドキットからクッション・DIYまで)

ハスラーは、前席をリクライニングを行い後席を畳むと、フラットな室内空間を得ることができる。この場合前座席を後倒しにして、前座席連結フルフラットにすると、空間長2mの巨大空間が出現する。これはNBOXプラスに匹敵する広さだ。但しこの場合、荷室スペースも使用するため荷室は殆ど消えるため、荷物置き場が無くなる問題もある。

前席には段差があるのでフラットなスペースを作るのには、マットを敷く必要がある。ハスラーのディーラーオプションには、車中泊用のマットレスがある。片側のみ購入可能。完璧なフラットが実現できるが、比較的高価だ。そのためアフターマーケット品や、代用品を使うのもありだろう。

参考サイト

ハスラー 初車中泊 ( 自動車 ) – ドライブdeまい湯~deまいう~ – Yahoo!ブログ

ハスラー 車中泊マット・すきまクッション ( その他乗り物 ) – ドライブdeまい湯~deまいう~ – Yahoo!ブログ

ハスラーの車中泊用グッズ ディーラーオプション編

ハスラーには、ディーラーオプションでベッドクッションが存在する。ベッドクッションは、完全にフルフラット化されベッドになるため、車中泊を行う上では最適なクッションだろう。運転席と助手席をベッドにするには2セット必要となる。また運転席にベッドクッションを装着するには、シートリフターが装備されていないといけないとのこと。スペアタイヤを装着するとベッドクッションの装備はできない。また、室内を見えなくするためのプライバシーシェードやカーテンもある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする