スズキの軽SUV ハスラーについて、分かりやすく解説する

スズキの軽SUVのハスラーは、街乗りプラスアルファを楽しむことができる車となっている。

基本的な車体設計は、乗用車のワゴンRを流用しているため本格的な悪路走行を目的としていない。ただ、日本の道で本格的な悪路を走る場面は非常に少ない。

ハスラーはワゴンRにはない、愛嬌があるオフロード車風のスタイルを採用している。このお陰で、車高が高いので日本の道で多くみる多少の砂利道や荒れた林道、雪道を安心して走行できる。

室内空間は、ワゴンR並にあるため比較的広い。乗用車設計のため、本格的なオフロード走行よりも室内空間を優先した設計が活かされている。

車中泊は可能で実績もある。スズキからディーラーオプションとしてベッドクッションやカーテンがあり、社外品も存在する。

自転車の積載は、車中泊ができるほどのスペースがあるので、前後車輪をはずせば、多くのスポーツ自転車なら、車内に自転車を入れることが可能だ。

安全装備や燃費向上装備、馬力があがるターボエンジン搭載車に関しては、グレードにより差がある。廉価版では、安全装備、燃費装備、ターボエンジン搭載車の設定はなく、あくまでも客寄せパンダにしか過ぎないグレードだ。中級グレードから装備されたり、オプションで装着可能なものもあるため、ハスラーをハスラーらしく使うのなら中級グレードからだろう。

スズキハスラーの安全性能を解説する – 4Wheel Life +2

スズキ・ハスラーの走行性能を解説 – 4Wheel Life +2

スズキ・ハスラーのグレードの違いを解説する – 4Wheel Life +2

スズキハスラーで車中泊を行う方法をまとめてみる – 4Wheel Life +2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする