なぜ雪道ではノーマルタイヤ(夏用タイヤ)で走行してはいけないのか

雪道走行を行う場合、自動車のタイヤは冬用タイヤに変更しないといけません。しかし、雪道で冬用タイヤを装着せず夏用タイヤのままで走り、事故を起こす事例は今でもあります。なぜ夏用タイヤを装着すると事故が起こるのでしょうか。

タイヤは地面と接地する唯一の場所

自転車やオートバイも同じことがいえますが、タイヤは自動車が地面と接地する唯一の場所となっています。そのため、どんなに高出力なエンジンを搭載していても、タイヤのグリップ力がなければスリップして発進することはできず、どんなに制動力が高いブレーキを装備していても、タイヤのグリップ力が低いのなら、停止することができません。

夏用タイヤを装備した自動車で雪道を走るのは、サンダルで雪道で歩くのと同じだと思えば良いでしょう。

動画では夏用タイヤと冬用タイヤで雪道を走行し、比較している動画となっています。夏用タイヤで雪道を走ると、冬用タイヤと比べて不安定に走り、制動距離も長いため、危険なのがわかります。

一方、冬用タイヤで雪道を走る場面では、コーナーリングは安定しており、ブレーキをかける場面でも制動距離が夏用タイヤと比べて短いのがわかります。

夏用タイヤで雪道を走るのは無謀と考えた方が良いでしょう。雪道を走る場合は雪用タイヤに交換して走りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする