日産のミニバンタクシー NV200タクシーとは何かまとめてみた

日産ブランドのタクシーと言えばセダンタイプのセドリックが有名。しかし、セドリックは規制の問題により生産中止に。その代わりとしてNV200タクシーを登場することとなった。

ベースは商用車のNV200バネット。従来のワンボックスバンとは違い、エンジンはボンネット内にありFFのため、乗用車に近いくらい床が低いのが特徴となっている。

NV200タクシーは元は商用車だが、各部をタクシー用にすることによってタクシー専用車になった。乗車口は、元と同じスライドドアだが、スライドドアにステップがあるので、乗降性は良くなっている。

後席は商用車特有の安っぽい座席ではなく、タクシー仕様専用の座席となっており、厚みは充分。ミニバンタイプのため車室内も高さ、幅、長さは充分となっている。メーカーオプションとしてガラス張りのルーフがあるモデルも存在する。

気になるのは荷室の容量。画像ではスーツケースを四個おいている。スーツケースのサイズは縦(約780mm)× 横(約530mm)× 奥行(約320mm)とのこと。通常のタクシーよりも荷物を積むことはできるだろう。荷室の奥行きをスーツケースから想定すると、960mm程度はあると思われる。

ミニバンタイプのタクシーは、通常のセダンタイプのタクシーよりも、荷室や後席の利便性が高いため、普及は進むだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする