クルマに乗るのなら覚えておきたい 雪道で安全に走るための装備をまとめてみる

自動車で雪道を運転する時、なんにも冬対策を行わないで雪道を走行すると事故を起こす可能性が非常に高い。そこで、今回は雪道を運転するときに役に立つ雪道対策をまとめてみた。

オールシーズンタイヤ

通常のサマータイヤよりも雪道を走ることができるのがオールシーズンタイヤ。

雪道の走行性能はスタッドレスタイヤよりは低いが、通常のサマータイヤよりも遥かに安全に走らせることができる。アイスバーンなどの氷の上では滑りやすいようだ。たまに雪が降る地域で、雪が降っても乗らないといけない人に合っているタイヤだろう。オールシーズンタイヤは、日本ではグッドイヤー4seasonが有名で、それ以外のオールシーズンタイヤはあまりみない。

スタッドレスタイヤ

雪道を中心に走る人のためのタイヤがスタッドレスタイヤ。サマータイヤやオールシーズンタイヤより安全に雪道を走ることができる。その一方で雨が降った舗装路のグリップ力は、通常のサマータイヤよりも低いと言われている。スタッドレスタイヤは各社から売られているので、自分に合った物を選べやすいのが特徴だ。

金属チェーン

自動車に装着するチェーンの中で、よく見る安いチェーンの殆どは金属式のタイヤチェーンだ。多くの金属式タイヤチェーンは、走行可能な速度が低く、乗り心地も悪い。また、関東にある長いトンネルで有名な関越トンネルの走行ができない物もある。あくまでも緊急用のタイヤチェーンだと思うのがベストだろう。

ゴムチェーン

ゴムでできているタイヤチェーン、ゴムチェーンは接地面に金属製のスパイクを装着することで、雪道や凍結路面でもグリップするようになっている。

金属チェーンよりも、ゴムチェーンのほうが乗り心地は良く、関越トンネルの通行が可能なので、主流のタイヤチェーンとなっている。多くのブランドがゴムチェーンを販売しており、ゴムチェーンの装着の行いやすさを売りにしている。ゴムチェーンを選ぶ場合は装着のしやすさで選ぶのも1つだろう。

オートソック

ゴムチェーンとは違い、タイヤに特殊な布を被せてグリップ力を上げる方式がオートソック。日本では使用している人は少ないが、海外ではオートソックを使用している人が多い。ゴムチェーンよりも薄いため、タイヤを装着するクリアランスが少ない車にも採用できるのが特徴だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする