スズキハスラーのコンセプトや外装を解説する

スズキ・ハスラーのコンセプト

スズキには軽自動車のオフロード車であるジムニーがある。ジムニーは頑丈な専用フレームを採用し、本格的なオフロード走行ができるのが特徴を持っている。

それに対し、ハスラーはワゴンRの基本設計を採用しているため、ジムニーのように本格的なオフロード走行はできない。しかし、砂利道や雪道では車高が高いおかげで、通常の乗用車よりも安心感はある。また、室内が広い特徴を持っているワゴンRの車体を元にしているため、室内はジムニーよりも広い。ジムニーは本格的なオフロード走行をするため、頑丈で大きいフレームや室内が狭くなる縦置きエンジンのため、室内は狭く、後席は最低限の広さしか無いのに対し、ハスラーの後席は十分な広さを持っている。本格的な場所を走らないのであれば、ハスラーで十分で、今の日本ではハスラーで十分の道が殆どとなっている。

スズキ・ハスラーのスタイリング

スズキ・ハスラーの顔は愛嬌がありながら、男性でも女性でも乗れるスタイリングとなっている。ツートンカラー仕様はルーフの色が変わるタイプとなっていて、色に寄ってルーフは白か黒になる。ちなみに、廉価版ではツートンカラー仕様の設定はないため注意が必要だ。全体的なスタイリングは、角ばっていてフロントガラスが立っているため、室内空間は感覚的に広くなっている特徴もある。
ハスラーのホイールは、上級モデル以外はスチールホイールを採用しているが、スチールホイールのデザインを、ホイールキャップがなくても見栄えがする形状となっている。

ハスラーのスタイリングをカスタマイズする

人気車種のため、スタイリングをカスタマイズする色々な部品が多くあるハスラー。今回は、ハスラーのスタイリングをカスタマイズする部品をピックアップしてみる。

フロントグリルエンブレム:純正ディーラーオプション

特別仕様車「J STYLE」や東京モーターショーで出展された「ハスラークーペ」では、フロントグリルにHUSTLERのエンブレムが装着されていた。現在ではディーラーオプションとしてフロントグリルエンブレムがある。

ハスラー 復刻エンブレム:純正ディーラーオプション

スズキ・ハスラーという名前は、最初はオートバイの名前で使用されていた。ハスラー復刻エンブレムは2輪時代のハスラーのエンブレムを復刻した物となっている。

デコステッカー:純正ディーラーオプション

リアゲートのハスラーエンブレムをデコレーションするためのステッカー。 ペンギンファミリー・ハスラー・ゾウ・パンダ・ゴリラ・ハート・ふくろうといったのが選択できる。

ハスラー用メッキグリル:純正ディーラーオプション

純正ディーラーオプションのメッキグリル。通常のハスラーよりも高級感が上がる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする